「映画兄弟の映画ブログ」を訪問していただき誠にありがとうございます。
「ネタばれ」どころか、観たことある人しか楽しめないかもしれません。ご注意くださいませ。

スポンサーサイト

  • 2008.07.01 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています



『男たちの大和/YAMATO』---こっちも沖縄に行く前に沈没です

このブログは、「映画を褒めるブログ」です。それがコンセプト。だから褒めれるところだけまず褒めます。
蒼井優、天才!!この映画のなかでまともな演技をしているのは彼女だけ(仲代さんもルーチンワークとしか思えない・・・)。ブルーリボンも当然!おめでとう!永作博美以来、期待ができる女優。最近いい女優はみんな童顔だ。永作の淀君、すごく良かったけど迫力不足だった。よく考えたらいい俳優もみんな童顔だ。


主人公のにーちゃん二人の演技は、学芸会レベル。悲しくなります。獅童も反町も人間の機微を表すことができない。獅童はスクリーンのアップにも耐えられない。

監督は、『君よ憤怒の河を渉れ』『野生の証明』『敦煌』『おろしや国酔夢譚』の佐藤純彌。期待したのになあ・・・。ちなみに『北京原人』もこの監督・・・。

↓データはこちら↓

続きを読む >>

『北の零年』(2004)---弱い男を強そうに演じる世界のワタナベ!

『明日の記憶』の渡辺謙の演技が存外に良かったもんで、予定に無かった『北の零年』を借りてきた。

つまり、いつの世も女は強く、断じて男は弱いのです。それはそれでいいのです、男は「社会」があってそこで役割を負わないと生きていけないのですから。強いのはその中での話。女性にはそんな前提は必要なく、生命力にあふれ、そして美しい。それでいいんだよ、ぐり〜んだよ、というお話。よ〜くわかります。でも長〜い。

惜しむらくは、実質的には強くもかっこよくもない男を、世界のワタナベが強そうにかっこよく演じてしまってたところかな。物語からのハケ方(ハゲ方ではない!)もすごく中途半端。

柳葉敏郎はいつから映画俳優になったのだろう。いつも同じ演技でつまらない。
石原さとみは、下手すぎ。蒼井優をみならってほしい。
もしかして、藤木悠さんの遺作でしょうか。

↓データはこちら↓

続きを読む >>

『明日の記憶』(2005)---美しすぎる記憶

アルツハイマーの映画と言えば何はともあれ、千秋実の『花いちもんめ。』なんですが、その名作と比べるとあまりにも美しすぎる「明日の記憶」です。お風呂場でうんこしたり、ご飯を手で食べたりしてません。まあ、いろんな現実があるのでしょう。

ともあれ、渡辺謙の演技に新鮮さがあった。チャレンジングな演技が印象に残った。演出は堤監督のよくある画が使われていたが、「混乱」を演出しようとしているようで、そのような効果も得られず、惜しい感じ。監督起用は失敗かもしれません。


「混乱し」「自分を責めて」「自分がいなくなり」「ゆっくりと死んでいく」。主題としてはこれ以上残酷なものは無いんだけれど、内容的にも演出的にも「美しすぎ」たかもしれません。美しすぎると愛の深さと覚悟って伝わりにくくなると思う。

でも観て損はありません。樋口可南子と大滝秀治が愛の深さと覚悟を体現しています。

↓あらすじ

続きを読む >>

『隠し剣 鬼の爪』(2004)---緒形拳の隠し剣

しぇば、山田洋次監督+藤沢周平の第2弾でがんす。おもさげながんす

最初に緒形拳が出てきたときの演技の下手さにびっくりした。
歳取りすぎたのでがんしょか?少々心配した。

そんな違和感を引きずったまま、クライマックスの緒形拳昇天シーン。
ものの見事な、素敵な殺され方をみて、自分自身の見方の甘さに気づく。

緒形拳は、俗物を徹底的に演じきったために、aniには大根に見えてしまったのだ。思い返せば、小林稔侍とふたりで最強の俗物ぶりだった。おじさん二人のやりとりは、薄汚さ満開だった。

緒形拳の偉大さを再認識し、自身の演技の見方の甘さを反省した一品でした。





あの主人公には永瀬正敏がちょうどいい。他の俳優に喰われてても、喰われてる気がしない。

↓あらすじ

続きを読む >>

『新座頭市 破れ!唐人剣』(1971)---座頭市3本目 VS片腕カンフー武芸者

盲目按摩師VS片腕武芸者。片腕ドラゴン(ジミー・ウォング)が出てきて、びっくりした。知らずに観ようとしていました。

ジミー・ウォングの映画は実は観たことありませんが、いっつも雑誌『HIHO』に出てきているので、なんだかすごい人なんだなあという認識はあります。(『HIHO』に出てるからといってすごいとは限りませんが・・・)

70年代を超えると座頭市の立ち居合いは、段々と才気ばしってきます。人間業とは思えない領域に入ってきました。もうむちゃくちゃです。

そんな二人が対決。tetsuによれば、日本公開向けのエンディングでは座頭市が勝って、香港公開向けのエンディングでは片腕ドラゴンが勝っているそうです。ふーん。


座頭市もうすぐ海を渡るよ。宜しければクリックを ⇒



『座頭市あばれ火祭り』(1970)---座頭市3本目

映画好きというよりどちらかというと「役者好き」。そういう人はたくさんいらっしゃると思います。aniもそうです。
aniは、映画館でのドアップに顔が耐えられるかどうかを、いい役者かどうかの指標にしています。遠巻きの長回しが多い映画はあんまり好きじゃない。

本作の座頭市のライバル役・仲代さんはスゴい。顔が。14型のテレビで観ていても息を飲みます。スクリーンで観たらさらにすごいんだろうな。

↓↓仲代達矢の「今、人を殺してますぅ〜」というときの顔。
座頭市あばれ火祭り(1970)仲代達矢 

↓↓勝新太郎の「今、10人くらい雑魚をぶった斬ったところです」というときの顔。
座頭市あばれ火祭り(1970)勝新太郎

「座頭市は俺が斬る!」 みんなそう言って、結局斬られています。

役所広司は仲代達矢の弟子。宜しければクリックを ⇒


続きを読む >>

『座頭市と用心棒』(1970)---座頭市2本目

ネタばれします。うすうす感づいてはいましたが、対決の結果はドローです。激しくドローです。まあしょうがないか。

座頭市=勝新太郎と用心棒=三船敏郎、当時のスターであり大プロダクションの社長同士、大映と東宝の代理戦争。

どっちかがぶっ殺されるわけにはいきますまい。ていうか、市が死んだら、シリーズも終わり。


米倉斉加年の怖い顔とコミカルな演技がとってもいい。監督が岡本喜八で、米倉のほかにも、いろいろと明るい笑える演技・やりとりが見られる。


こうなったらシリーズ、全部観ちゃるぜ! ⇒ 


続きを読む >>

『パッチギ!』と『ゲロッパ!』---怒りと虚勢

相変わらず邦画ばかり観ています、aniです。
井筒作品は、『岸和田少年愚連隊』→『パッチギ!』→『ゲロッパ!』の順番で観ました。どれも飽きさせない展開で面白かった。けど『ゲロッパ!』は、監督が使いたい役者集めてみて作ってみた感だけ出てて、何が言いたいのかはよくわかりませんなあ。だから岸部一徳のダンスシーンが見所。

『パッチギ!』01井筒作品の魅力のひとつは、やはり暴力(ケンカ)シーンになるんでしょうが、『岸和田』と『パッチギ!』のそれには少年たちの「怒り」を感じます。ただの虚勢ではない。どうにもならない閉塞感や差別・民族の問題を少年たちが受け止めようとしてもがいているのを強く感じることが出来ました。だから切なくもなり共感もできる。


『パッチギ!』オダギリ受け止めようとしても押しつぶされ、目前には埋めようのない溝(朝鮮部落と日本人部落を隔てる川)が横たわっている。『パッチギ!』では、そんな少年たちと対極に位置しているように見えていろいろ考えてはいる青年をオダギリジョーがさらっと好演。今日もへたうま
主人公の親友役・小出恵介が最近TVドラマに出まくってます。今はちょっとかっこつけた役が多いけど、『パッチギ!』のコミカルな役や、『白夜行』の間抜けな役のほうがよい。頑張ってほしい、なんとなく。


↓在日韓国・朝鮮人問題の「怒り」と「虚勢」についてはこちらをどうぞ

「在日」のはざまで
『「在日」のはざまで』
(金時鐘/平凡社ライブラリ/1500円+税)


ジョーのへたうま存在感演技をチェック ⇒

続きを読む >>

『恋人はスナイパー 劇場版』---「お前たち、命あずけあった仲なんだろ?」

aniです。疲れないから邦画ばっかり観ています。

本作品、荒唐無稽でリアリティのないストーリー展開ながら、要素としていろいろと楽しみどころ満載で、よろしかったです。
俳優陣のキャラと役どころが絶妙で、観ていて楽。血まみれの切ない抱擁シーンも名場面。アクションもいいです(TV局が主体なのでしょうがないですが、もうちょっとハードな方がよかったかも。主人公も敵ももっと強くあってほしい。プロなら急所をはずさないでほしい)。
心に残るシーンがあればいいんです、少々ストーリーに無理があっても。楽しめれば。エピソード1・2も観たいです。


いかりやさんの遺作というわけでもないのでしょうが、脚本・君塚がまたいい台詞を言わせてます。日本のモーガン・フリーマンがあのしゃがれ声でぼそっとつぶやいているのを想像してみてください。

「お前たち、命あずけあった仲なんだろ?」

たまりません。僕もあずけあいたい! 兎に角、ご冥福をお祈りします。


水野さんの女刑事は板についています。かっこいい。日本のアクション・ヒロインでは現在ダントツにかっこいい。地味なパンツルックが世界一似合う女優さん。
難を言うなら、敵がもうちょっと「強大重厚」な方がよかったですね。阿部ちゃんはちょっと。。。いけません。


続きを読む >>

『妖怪大戦争』 〜戦争はいかんです〜

アクションシーンではほとんどCGですが、役者と絡む妖怪たちは基本的に「かぶり物」。そんなちょっと間抜けな妖怪たちが笑いを誘う。

残念なのは、トヨエツ演じる悪役魔人加藤。嶋田久作のそれと比べると迫力7割減です。嶋田さんに演じて欲しかった。もっとも、あの異常なテンションだと「子供向け映画」としては完全にアウトですね。

映画のクライマックス、唐突にでてくる水木しげる先生のありがたい言葉が心にしみます。

ところで、どの辺が大戦争だったんでしょうか? 戦ってるのはほとんど神木君だけだった気が・・・。


データはこちら↓↓


続きを読む >>

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
search this site.
no movie, no life
categories
no movie, no life 2
links
FLiX movie news
Powered by RSSリスティング
profile

archives
recent entries
recent comment
recent trackback
others
from JUGEM