「映画兄弟の映画ブログ」を訪問していただき誠にありがとうございます。
「ネタばれ」どころか、観たことある人しか楽しめないかもしれません。ご注意くださいませ。
<< 『Vフォー・ヴェンデッタ』 〜Vは復讐のV〜 | main | 『コンスタンティン』(2005)---キアヌにはエクソシストがよく似合う >>

スポンサーサイト

  • 2008.07.01 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています



『カリフォルニア』(1993)---馬鹿な子ほどかわいい

WOWOW『オーシャンズ12』特集のブラピつながりで放映。ジュリエット・ルイスが見れてaniは歓喜です。

本作品(1993年)前後の彼女は最高で、彼女がスクリーンに現れるだけで、不穏な空気が流れます。

『ケイプ・フィアー』(1991)、『ギルバート・グレイプ』(1993)、本作『カリフォルニア』(1993)、『ナチュラル・ボーン・キラーズ』(1994)、『フロム・ダスク・ティル・ドーン』(1996)などなどなど。濃い作品ばかり。もう一度書いてしまいますが、不穏な空気が流れまくってます。『ギルバート・グレイプ』でトラックから降りてきたときは、ディカプリオが殺されないかとハラハラしました。
父ちゃん役がよりにもよってニック・ノルティだなんてありえねえ(あったけど。「映画史上最恐親子は誰だ」大会、近日開催!)。
最近はあんまりパッとせず、見劣りするのは否めない。もう一花咲かせてほしいものです。

『カリフォルニア』では特別馬鹿っぽくおしゃべりしてました。
でありながら、時折見せる切なそうな表情。いい女優だ。

カムバック!ジュリエット・ルイス。aniは心の底から応援しています。

たまにマニアックな映画兄弟。宜しければクリックを ⇒ 

連続殺人を研究し、それを本にしようとしている作家ブライアン(デイヴィッド・ダコヴニー)と彼の恋人でポルノグラフィックな写真を好んで描っている写真家のキャリー(ミシェル・フォーブス)は、有名な殺人事件の現場を訪ねながら″希望の地″カリフォルニアまで行く計画を立てる。一方、強盗罪で仮釈放の身であるアーリー(ブラッド・ピット)と、彼を盲目的に愛するアデール(ジュリエット・ルイス)は、保護観察官に見張られながらトレーナー・ハウスの生活を送っていた。ある日、ブライアンたちが大学の褐示板に貼ったカリフォルニアまでの同乗者を求める案内をアーリーが目にし、4人は一緒に旅立つことになる。あるガソリンスタンドで、アーリーは衝動的に人を殺してしまう・・。

スポンサーサイト

  • 2008.07.01 Tuesday
  • -
  • 22:36
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
オーシャンズ 12 特別版 (初回限定 BOX仕様) 激安!
オーシャンズ 12 DVD!一挙ご紹介!
  • オーシャンズ 12 特別版 (初回限定 BOX仕様) 激安!
  • 2006/06/06 6:39 PM
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
search this site.
no movie, no life
categories
no movie, no life 2
links
FLiX movie news
Powered by RSSリスティング
profile

archives
recent entries
recent comment
recent trackback
others
from JUGEM