「映画兄弟の映画ブログ」を訪問していただき誠にありがとうございます。
「ネタばれ」どころか、観たことある人しか楽しめないかもしれません。ご注意くださいませ。
<< 『フォーン・ブース』 〜受話器を取るな〜 | main | だばだば泣けた映画 ベスト5 >>

スポンサーサイト

  • 2008.07.01 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています



『座頭市あばれ火祭り』(1970)---座頭市3本目

映画好きというよりどちらかというと「役者好き」。そういう人はたくさんいらっしゃると思います。aniもそうです。
aniは、映画館でのドアップに顔が耐えられるかどうかを、いい役者かどうかの指標にしています。遠巻きの長回しが多い映画はあんまり好きじゃない。

本作の座頭市のライバル役・仲代さんはスゴい。顔が。14型のテレビで観ていても息を飲みます。スクリーンで観たらさらにすごいんだろうな。

↓↓仲代達矢の「今、人を殺してますぅ〜」というときの顔。
座頭市あばれ火祭り(1970)仲代達矢 

↓↓勝新太郎の「今、10人くらい雑魚をぶった斬ったところです」というときの顔。
座頭市あばれ火祭り(1970)勝新太郎

「座頭市は俺が斬る!」 みんなそう言って、結局斬られています。

役所広司は仲代達矢の弟子。宜しければクリックを ⇒


解説: 座頭市シリーズ二十一本目。脚本は「忍びの衆」の山田隆之と脚本初執筆の勝新太郎が共同であたり、監督は「兇状流れドス」の三隅研次。撮影は「座頭市と用心棒」の宮川一夫が担当。

スポンサーサイト

  • 2008.07.01 Tuesday
  • -
  • 11:30
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


コメント
日本の名優仲代達矢ですか。凄まじくて迫力のある眼差しですね。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
座頭市
座頭市座頭市(ざとういち)は、時代劇。これまでに何度も映画・テレビ番組が作られ、勝新太郎の代表作として知られている。勝新太郎のシリーズのあと、2003年に北野武監督が映画化、自ら座頭市を演じた。この作品でヴェネチア国際映画祭監督賞を受賞
  • るなの記録
  • 2007/06/05 7:48 AM
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
search this site.
no movie, no life
categories
no movie, no life 2
links
FLiX movie news
Powered by RSSリスティング
profile

archives
recent entries
recent comment
recent trackback
others
from JUGEM