「映画兄弟の映画ブログ」を訪問していただき誠にありがとうございます。
「ネタばれ」どころか、観たことある人しか楽しめないかもしれません。ご注意くださいませ。
<< 今年の映画鑑賞は何にしようか。。。 | main | 今村昌平(1926)について >>

スポンサーサイト

  • 2008.07.01 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています



『トレーニング・デイ』 〜極悪デンゼル〜

誠実な役を演じることが多いデンゼル・ワシントンが、そのイメージを逆手に取って本格的な悪役を演じる。この役でアカデミー主演男優賞を獲得。

新米捜査官イーサン・ホークを指導するベテラン捜査官デンゼル。実は権力を傘に私腹を肥やす極悪警官だった。訓練期間初日から新米イーサンを抱き込もうと画策し、それを断られるや否や今度は始末しようとする。

いつも誠実なデンゼルのことだから悪人と見せかけて実はいい人・・・なんていうことは全然なくて徹頭徹尾、「極悪人」。

共演のイーサン・ホークがデンゼルの罠にはめられて危機に陥る場面では彼の地味さとビビりっぷりが相まって「この人ほんとにここで死んじゃうんじゃないか」と思わせる。悪人デンゼルの存在感が圧倒的な分、余計にイーサン・ホークが印象薄い。


データはこちら↓↓

『トレーニング・デイ』 Training Day(2001年アメリカ)
監督:アントワン・フークア
出演:デンゼル・ワシントン
   イーサン・ホーク
   スコット・グレン 他

スポンサーサイト

  • 2008.07.01 Tuesday
  • -
  • 23:24
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
search this site.
no movie, no life
categories
no movie, no life 2
links
FLiX movie news
Powered by RSSリスティング
profile

archives
recent entries
recent comment
recent trackback
others
from JUGEM