「映画兄弟の映画ブログ」を訪問していただき誠にありがとうございます。
「ネタばれ」どころか、観たことある人しか楽しめないかもしれません。ご注意くださいませ。
<< 今村昌平(1926)について | main | 『キング・コング』(2005) 〜世界第8の不思議〜 >>

スポンサーサイト

  • 2008.07.01 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています



今村昌平(1926)について 書き足し

前エントリの続きです。

いろいろ思い出してきた(最近は昔のことを思い出すのにも時間がかかる)。『ええじゃないか』(1981)を小学校高学年のとき、『女衒 ZEGEN』(1987)と『黒い雨』(1989)を高校生のときに観た。

『ええじゃないか』は小学生にとってはエロすぎた。桃井かおりが立ったまま着物を脱がされるシーンを覚えている。

今村作品に欠かせない俳優・緒形拳。最近は若手監督の小品(失礼!)にしか出ていません。大作と呼べそうなのは、『おろしや国酔夢譚』(1992)以来、出てないのでは。もっとスクリーンで観たいよう。メジャー作品の最後が『国会へ行こう!』(1993)なんてことになったら悲しすぎます。


緒形拳特集もやりたいなあ。宜しければクリックを ⇒


おせっかいですが【今村昌平フィルモグラフィー】

・ 11'09''01/セプテンバー11(イレブン)(2002) 監督
・ 赤い橋の下のぬるい水(2001) 監督、脚本
・ カンゾー先生(1998) 監督
・ うなぎ(1997) 監督
・ 黒い雨(1989) 監督、脚本
・ 女衒 ZEGEN(1987) 監督、脚本
・ 楢山節考(1983) 監督、脚本
・ ええじゃないか(1981) 監督、原作、脚本
・ 復讐するは我にあり(1979) 監督
・ にっぽん戦後史 マダムおんぼろの生活(1970) 監督、脚本
・ 神々の深き欲望(1968) 監督、脚本
・ 人間蒸発(1967) 監督
・ 「エロ事師たち」より 人類学入門(1966) 監督、脚本
・ 赤い殺意(1964) 監督、脚本
・ にっぽん昆虫記(1963) 監督、脚本
・ 豚と軍艦(1961) 監督
・ にあんちゃん(1959) 監督、脚本
・ 西銀座駅前(1958) 監督、脚本
・ 盗まれた欲情(1958) 監督
・ 果しなき欲望(1958) 監督

スポンサーサイト

  • 2008.07.01 Tuesday
  • -
  • 21:34
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
search this site.
no movie, no life
categories
no movie, no life 2
links
FLiX movie news
Powered by RSSリスティング
profile

archives
recent entries
recent comment
recent trackback
others
from JUGEM