「映画兄弟の映画ブログ」を訪問していただき誠にありがとうございます。
「ネタばれ」どころか、観たことある人しか楽しめないかもしれません。ご注意くださいませ。
<< 『ドリームキャッチャー』 〜合い言葉は S・S・D・D〜 | main | 『嫌われ松子の一生』(2006)---人間ってのは何があれば生きていけるのか? >>

スポンサーサイト

  • 2008.07.01 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています



『ペット・セメタリー』

そこは呪われた場所。埋葬されたものが蘇る。ただし、魂は帰ってこない・・・。

スティーブン・キング原作小説の映画化。
息子を失った父親が、禁断の方法で息子を蘇らせようとしたことから起こる悲劇。

最愛の息子を失った父親。悲しみに暮れ、呪われた方法にすがる。蘇った息子は姿こそ変わらないものの、魂の無い悪鬼と成り果てていた。やがて訪れる最悪の結末。そして、悲劇は再び繰り返される。

愛情が引き起こす、恐怖と悲劇の連鎖。
失ってしまった最愛の人に、もう一度会いたい。
誰もが持つ想いに忍び寄る闇。
愛情と悲しみと狂気が交差する、傑作ホラー。

ペットセメタリー
ジャケットが怖い

今はテレビじゃ放送できないだろうな。昔は何度も放送してたけど。子供を○○するのは多分NGだ。
『ペット・セメタリー2』もあるよ。


データはこちら↓↓

『ペット・セメタリー』 Pet Sematary(1989年 アメリカ)
監督:メアリー・ランバート
出演:デイル・ミッドキフ
   フレッド・グウィン 他

スポンサーサイト

  • 2008.07.01 Tuesday
  • -
  • 11:49
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


コメント
好きだねえ、スティーヴン・キング。
  • ani
  • 2006/06/09 9:42 PM
ええ、大好きです。
  • tetsu
  • 2006/06/13 4:27 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
search this site.
no movie, no life
categories
no movie, no life 2
links
FLiX movie news
Powered by RSSリスティング
profile

archives
recent entries
recent comment
recent trackback
others
from JUGEM