「映画兄弟の映画ブログ」を訪問していただき誠にありがとうございます。
「ネタばれ」どころか、観たことある人しか楽しめないかもしれません。ご注意くださいませ。
<< 『ベストキッド4』(1994)---ヒラリー・スワンクまつり前夜祭 | main | 『砂の器』(1974)---差別と宿命 >>

スポンサーサイト

  • 2008.07.01 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています



『下妻物語』(2004)---趣味への執着が人間の存在意義?

「どうせアイドル映画じゃろお」と思っている30代の人、是非観て下さい。


表現方法の冒険とお話のドライブ感と役者のポップさが完全合致した傑作。


下妻物語01
イチゴ(土屋アンナ)の愛機「舗爾威帝劉」号、参上。

下妻物語02
「貴族の森」で友情を深めあう二人。

下妻物語03
白いエナメルを履いて青いスカジャンを着た一角獣(阿部サダヲ)。左は生瀬さん。

下妻物語04
一角獣との恋に破れたイチゴ。「人のものだって、とっちゃえばいいじゃん」と慰める桃子(深田恭子)。


特攻服とかバイクとかロリータファッションとか、主人公たちの趣味への執着がやけにリアルさを感じさせる。(程度の差はあれ)自分らもそうだったとしみじみ。

なんも考えず楽しめるいい映画です。


最近日本映画頑張っていると思う。宜しければクリックを ⇒


データ: 2004年 日本 102分

解説: 乙女派作家・嶽本野ばらの同名小説「下妻物語」を“写るンです”や“NTT東日本”といった数々の名CMを手がけたが中島哲也が映画化。ロリータをこよなく愛する主人公に深田恭子、地元ヤンキー役にティーンに絶大な人気を誇る土屋アンナと他にも個性豊かな共演者たちがインパクトを与えている。中島監督の映像センスが光る劇画のようなカット割りには要注目。

ストーリー: 田園風景が広がる美しい茨城県下妻市。青空の下フリフリのロリータ・ファッションで闊歩する少女・桃子(深田恭子)の生きがいはお洋服。ロリータ一直線で他人を必要としない桃子の前に、真っピンクの改造原付きに乗った地元のヤンキー少女(土屋アンナ)が現れる。

スポンサーサイト

  • 2008.07.01 Tuesday
  • -
  • 11:07
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
search this site.
no movie, no life
categories
no movie, no life 2
links
FLiX movie news
Powered by RSSリスティング
profile

archives
recent entries
recent comment
recent trackback
others
from JUGEM