「映画兄弟の映画ブログ」を訪問していただき誠にありがとうございます。
「ネタばれ」どころか、観たことある人しか楽しめないかもしれません。ご注意くださいませ。
<< 『明日の記憶』(2005)---美しすぎる記憶 | main | 『男たちの大和/YAMATO』---こっちも沖縄に行く前に沈没です >>

スポンサーサイト

  • 2008.07.01 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています



『北の零年』(2004)---弱い男を強そうに演じる世界のワタナベ!

『明日の記憶』の渡辺謙の演技が存外に良かったもんで、予定に無かった『北の零年』を借りてきた。

つまり、いつの世も女は強く、断じて男は弱いのです。それはそれでいいのです、男は「社会」があってそこで役割を負わないと生きていけないのですから。強いのはその中での話。女性にはそんな前提は必要なく、生命力にあふれ、そして美しい。それでいいんだよ、ぐり〜んだよ、というお話。よ〜くわかります。でも長〜い。

惜しむらくは、実質的には強くもかっこよくもない男を、世界のワタナベが強そうにかっこよく演じてしまってたところかな。物語からのハケ方(ハゲ方ではない!)もすごく中途半端。

柳葉敏郎はいつから映画俳優になったのだろう。いつも同じ演技でつまらない。
石原さとみは、下手すぎ。蒼井優をみならってほしい。
もしかして、藤木悠さんの遺作でしょうか。

↓データはこちら↓

製作年度: 2004年
製作国・地域: 日本
上映時間: 168分

解説:
『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲監督最新作に、吉永小百合や渡辺謙といった日本が世界に誇る映画人らが総出演。歴史の波にほんろうされながらも、北の大地で懸命に生き抜く人びとを描いた感動のドラマ。映画出演111本目となる吉永小百合がひとまわり以上も年の離れた3人の俳優らとラブシーンを披露する。北海道ロケで撮られた厳しくも美しい自然の風景は必見。

あらすじ:
幕末の動乱で北海道への移住をよぎなくされた稲田家一族は、慣れない北の大地での生活に悪戦苦闘の日々を送っていた。家臣の小松(渡辺謙)は妻(吉永小百合)らを残し、現状打開案を探るべく札幌に旅立つことを決意する。

スポンサーサイト

  • 2008.07.01 Tuesday
  • -
  • 23:35
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
蒼井優 ブルーリボン賞 主演女優賞 涙
蒼井優がブルーリボン賞・主演女優賞の受賞で涙。 詳しくは続きを!
  • いろいろメモ帳
  • 2007/02/14 1:14 AM
蒼井優、ブルーリボン賞の主演女優賞で蒼井優が涙!
蒼井優がブルーリボン賞の主演女優賞の受賞式で涙を見せたようです。 詳しくは続きをどうぞ!
  • 今日の気になるニュース@総合
  • 2007/02/14 1:20 AM
9割が号泣した渾身の泣ける映画ベスト3
ハッキリ言って、バスタオルが必要です。
  • え・・これタダで教えてくれるの?
  • 2007/02/14 3:02 AM
石原さとみ
石原さとみさんのファンサイトです。さとみさんファンの方はぜひ一度いらしてください。
  • 石原さとみ
  • 2007/02/14 9:21 AM
ブルー・リボン賞。渡辺謙。蒼井優
東京映画記者会(デイリースポーツなど在京スポーツ紙7紙で構成)が主催する映画賞「第49回ブルーリボン賞」の授賞式が13日、東京・千代田区のイイノホールで開催された。
  • 芸能ニュース 速報ニュース 噂話 スポーツ情報をどこよりも速くお届け
  • 2007/02/15 12:36 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/02/27 11:10 PM
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
search this site.
no movie, no life
categories
no movie, no life 2
links
FLiX movie news
Powered by RSSリスティング
profile

archives
recent entries
recent comment
recent trackback
others
from JUGEM