「映画兄弟の映画ブログ」を訪問していただき誠にありがとうございます。
「ネタばれ」どころか、観たことある人しか楽しめないかもしれません。ご注意くださいませ。

スポンサーサイト

  • 2008.07.01 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています



『あずみ』続きまして『あずみ2 Death or Love』

あずみの役は、深田恭子にしてほしかったと今でも思っています。殺陣なんてできなくていいんです、別に。上戸彩だってほとんど出来ていませんから。原作のむっちり感が欲しかった。

良いとこ、悪いとこ、いろいろありますが、一番良くないのは、殺陣が下手過ぎることでしょう。「時代劇アクション大作」なんですから、お願いしますよ〜。若者のなかでは金子貴俊が一番うまかった。下手なら下手でもっとうまく見せる工夫が欲しかったです。

二番目に良くないのは、どうでもいい役に良い役者をつけて、重要な役に良くない役者をつけてて、非常に観づらいこと。
北村一輝がもったいない。オダギリは別に要りません。原田さんはああいう役は食傷気味な気がします。高島さんの乳首に鎖がついてた(驚)。いろいろシャッフルしたらいい感じになるかも。
シリーズ通して一番輝いていたのは、平幹二朗。よく聞いたら全然意味のわからないことを言ってるのに、なんか重要なこと言っているように聞こえる。

オダギリジョーも小栗旬ももてはやされている割には、芝居が下手だ。 おおっ書いてもうた。サチヨさん、すみません。。。


続きを読む >>

『座頭市御用旅』---昔のスーさんと障害者

なんとなくwowowで『座頭市御用旅』を観てしまいました。

幕末期近くの時代設定の侠客映画は、独特の「暗さ」があって大好きです。この種の映画に出てくる人々の「無力感」のようなものが、aniをしみじみとさせます。
本作は勝新太郎主演の映画シリーズ第23作目。勝の座頭市は、ニヒリズムや諦観を通り越して、渡世に徹しているところがいい。たけしのもそうです(ていうか、ほぼ全部パクリですが)。

三國連太郎が敵役でとっても素敵。今でこそスーさんのイメージが強いけど、もともとは悪役、しかも極悪人から悪徳政治家、コミカルな感じ悪役までありとあらゆるヒールを演じていました。最近の代表作はやはり『マルサの女2』。死ぬ前にもうひと花咲かせてください。

三國が演じた親分は、なぜか左半身が麻痺していて体にハンディを持っていました。最近妙に気になっていることなんですが、昔の映画やドラマ(本作は1972年製作)には、端役に障害をもった人(役柄として)がいっぱい出てました。びっこだったり顔にあざがあったり。『寺内貫太郎一家』の梶芽衣子もそうでした。今村映画にもよく出てくる。「一生背負うもの」というイメージなのか、単なる暗さの演出なのか。

現代では、主人公(特に女性)が車椅子だったり聾唖だったりして、その壁を乗り越える、ような話はよくあるんですが、話の筋に直接関係無いところで、障害をもった役なんて、まったくありません。みんな健常者。

これってやはり「隠す」ということなのでしょうか。はたまたどっかでネガティブなキャンペーンが張られているのでしょうか。
いずれにしろ今では完全に排除されているのは確かです。(6年くらい前に深きょんとユンソナが競演したドラマでは、平山綾は盲目の役だったなあ)
原因は全然わかりませんが、最近妙に気になることです。

ご意見がある方、聞かせてください。

データはコチラ↓

続きを読む >>

『楢山節考』(1983今村昌平)

兄です。2004年12月07日の日記より。
----------------------------------------------

今日は高知リハビリテーション学院で講義でした。といっても今日は年に1回の映画鑑賞の日。今年の演目は今村昌平の『楢山節考』です。左とん平と清川虹子のベッドシーンをうら若き乙女たちに見せてきました。

中沢が『僕の叔父さん』でも書いていたように、人間の本質は自由な意思。
自然から自由であるため、つまり生存していくために、人間は言語や法律やいろんな風習を作り上げてきた。
しかし、人間は自ら作ったその制約によって苦しめられるようになり、ふたたびそこからの自由をはかるようになる。
『楢山節考』の主人公・辰平(緒形拳)の中に、人間の自由意思を見ることができる。しかし、そこで見られる自由意思は、自然やしきたりへの反発ではなく、身近な人々への優しさとして現れている

とまあこんな感じで、来週はうら若き乙女たちに解説。


データはコチラ↓↓↓

続きを読む >>

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
search this site.
no movie, no life
categories
no movie, no life 2
links
FLiX movie news
Powered by RSSリスティング
profile

archives
recent entries
recent comment
recent trackback
others
from JUGEM